子供の命名方法!イメージから名前を決めるステップ

ステップ1!イメージをどんどん挙げてみよう

子供を命名する方法として、イメージからつける方法がありますよ。大雑把でもいいので優しいイメージや、柔らかいイメージから決める方法です。その場合、まずは名前にどのようなイメージを持たせたいのか、どんどん挙げていくとよいでしょう。優しいや柔らかいという他にも、賢いイメージやかっこいいイメージ、責任のあるイメージに頼もしいイメージなど様々です。どんなのでもいいので思ったままをどんどん挙げていくことで、最終的にどういったイメージにするかが見えてきますよ。

ステップ2!イメージを表す漢字を挙げていこう

子供へ命名する名前のイメージを挙げたら、次はそのイメージを表す漢字を考えてみましょう。例えば優しいというイメージを挙げたのであれば、優という漢字だけでなく愛や厚に温などもイメージとしては優しいにつながります。あまり考えすぎず直感的に、イメージから思い浮かぶ漢字をどんどん挙げていくとよいでしょう。その中でこの漢字を使用したいという思いや、この感じがイメージ通りといった漢字がでてきますので、そういった漢字は別に書きとめておくのも良いですよ。

ステップ3!漢字を当てはめ読みをきめよう

イメージから思い浮かぶ漢字まで挙げた後は、その漢字から名前を決めていく作業になりますね。その方法として、まずは漢字をひらがなにしてみましょう。全ての漢字をひらがなにした後は、気にいった名前の組み合わせを見つけていく手順になります。名前の読みで組み立てた後、イメージで挙げた漢字をあてて全体的のバランスを見てみます。もちろん名前の読みはいいけど漢字がイメージとずれるのであれば、読みはそのままにイメージにあう漢字に変えていき、最終的な名前を決めていきましょう。

世の中にある全ての事象や物などに、区別するために名前をつけることを命名といいます。より分かりやすく識別するために、天体や化合物などには規則があることもあります。

Comments are closed.